∴About 久住小春
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Related sites
∴Other

小春模様 久住小春 ファンサイト

Hello!Project2005夏 代々木第一体育館 (05/7/24) + α

DVD収録のためか、昨日に引き続き動きが一部変更。何と言っても「スッペシャル ジェネレ~ション」後の雛壇着席がなくなってしまったのがイタイ!
久住の方はまだツアー4日目だというのに、すでに安心して見ていることができるのがなんとも。「スッペシャル ジェネレ~ション」や「大阪 恋の歌」の曲中でフロントステージ中段から下段、下段から中段に移動する動きが堂々たるものだったのが印象に残っている。ラストの「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL !」後は昼公演では上手花道から戻ってくる人をハイタッチで出迎え。このハイタッチもとても楽しそうにパチパチやってたな。一方の夜公演では、ステージ最前まで出て客席に向かってずっと手を振ってそのまま下手サイドステージへ。最後はやはり下手サイドステージに吉澤と二人残って退場。

ということで久住小春、初ステージとなったツアーも無事終了。

ツアーを通して。
正直あまりむやみに持ち上げたりするのは好きじゃないんだけど。
今回のツアー、久住に関してはほとんど良い印象しか受けなかった。とにかく歌って踊るのが楽しくてしょうがないと言わんばかりの満面の笑顔!初の歌ステージとなった大阪公演こそ振りやポジションに気が行っているといったシーンも時々見受けられたものの、東京公演ではそれすらほとんどなくなって、ひたすら笑顔!笑顔!笑顔!ダンスがつたないのは歴然としてるけど、そんな技術的な面を除けば先輩メンバーとほとんど変わらない堂々っぷり。もし彼女にちょっとでも関心がある人がいたら是非ライブに足を運ぶことをすすめたい。彼女の、笑顔で歌い踊る姿を直に目にしたら、必ずもっと彼女に惹かれることになると思う。

ほめてばかりなのもアレなので、あえて不安に感じた点を上げるとすれば、順応性が高すぎるところかなぁ。一通りこなせるようになった後、モチベーションをどの方向に向けるだろうか。その時期は予想以上に早く来そうな気配だけど、周囲が上手く誘導してくれることを期待。もう一つは、魅力をかなり早いペースで発散しているかもしれないこと。久住がいくらミラクルだとしても魅力は有限。視聴者の吸収力を上回るペースで魅力を発し続けるだけの余力を持ち合わせていることを期待するしかない。

まぁどちらもしばらく先の話。今は彼女の放つ魅力に素直に惹かれていよう。

live/event 久住小春 :::2005/7/26:::

TRACKBACK URL

http://koharu.sylphlike.com/log/eid59.html/trackback

TRACKBACKS