∴About 久住小春
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Related sites
∴Other

小春模様 久住小春 ファンサイト

Hello!Project2005夏 大阪城ホール (05/7/10)

加入から2ヶ月ちょっと。ついに久住小春の初ステージ。演じたのは結局計12曲かな。振りは基本的には一通り出来てた。2ヶ月間でよく頑張ったほうじゃないかなと。周りに合わせていた所もあるだろうし、動きはとりあえず覚えていても、見せ方までチェックできていないようだけどそれはこれからということで。全般的に見ていて思ったのが、動きがキッズ的だなぁってこと。あるパーツにつられて他のパーツも動いてしまうと言ったらいいのかな、ほほえましいと言えばほほえましいけど、やはり年齢層を再認識してしまった。実際、キッズに混じって踊る曲もあるけど、衣装が違うだけで外見や動きも含めて普通に馴染んでいたしなぁ。あたりまえか。

と、振りのことをあれこれ言ってるけど、そんなことよりも最大のポイントはやはり笑顔。武道館に立ったことがあるとはいえ、事実上の初ステージで初めて踊る曲ばかりなのにあの笑顔!一部の曲をのぞいて、あの笑顔のまま歌って踊ってたよ、すごいよ!本人はどうだか知らないけど、作り笑顔とかこわばった笑顔には見えなくて、本当に楽しそうにやってるなぁって感じ。最後にコメントで、“大好きな歌をいっぱい歌えてうれしい”って言ってたけど、まさにこのコメントどおりの様子だった。やらされている感が全然ない、これってすごい重要だよなぁ。

あと公演の中でそれほどはリスペクトされている感じがなかったのが良かった。下手に持ち上げられてもいいことないし。モーニング娘。の紹介の時に“久住小春が加入した新生モーニング娘。…”云々と紹介されたのと、夜公演ラストで初日の感想を求められたくらいかな。

以下、セットリストに沿ってコメント。

M01 ハローのテーマ
左右のステージ花道の計4箇所から列で登場。全員サングラスっぽいモノを付けていて誰が誰やら一目では判断付かず、四方八方をキョロキョロしまくって探す。辛うじてポニーテールから当たりを付けて見ていたら正解だった。下手花道から℃-ute鈴木(?)と、ラストのBerryz嗣永に挟まれた順番で登場したのかな。そのまま下手花道の中央でストップして次の曲へ。衣装は黄色のミニの半袖ワンピースに同じく黄色のホットパンツ。ポニーテールにしている髪留めも黄色。

M02 恋のテレフォンGOAL
スタンド側を向いてピロリンピロリン。

M03 THE マンパワー !!!
同じ位置で今度はアリーナ側を向いて。腰の動きとかもかなり練習した感じでなかなか。

MC
他の娘。さんたちと一緒にフロントステージ中段中央に。MC後は雛壇に残る娘。メンバーもいたけど久住は退場。

M04 21時までのシンデレラ – Berryz工房
M05 ひとりじめ – 美勇伝
M06 夢ならば – 安倍なつみ
M07 オンナ、哀しい、オトナ – セクシーオトナジャン
M08 SEXY NIGHT
MC

M09 スッペシャル ジェネレ~ション
気が付いたら登場していた。八人でそれぞれパートを割り振られているようで、久住は熊井パート。1コーラス目のシャバダバでの先頭の指差しとか、歌詞も何カ所か。サビのスペシウム光線のところなんか、動きがそのまんまキッズだ・・・。はじめの整列は見逃したけど、ラストの整列やはり前から二番目。
しかし、これで久住がステージで初めてソロパートを歌った曲が「スッペシャル ジェネレ~ション」になってしまった(苦笑)。

M10 人知れず 胸を奏でる 夜の秋 – プリプリピンク
下手雛壇中段向かって左端に着席。左隣は徳永。曲中はサビの振りを周りと一緒にしたり。

M11 愛の意味を教えて ! – W
ここでもサビでWに合わせて右上に腕を伸ばす振り…だけど、若干ただ手を振ってるような感じに。

M12 スッピンと涙。 – 後藤真希
ライトの消えているフロントステージで、左右にゆらゆら。

M13 抱いてよ!PLEASE GO ON – 後藤真希
徳永が抜けて左隣が柴田に?
サビの振り、手を頭上でぐるぐる回すシーンで、手と一緒に首も心持ちぐるぐるまわってるのがかわいい。

M14 カッチョイイゼ ! JAPAN
柴田も消えて中段向かって右端へ。右側には稲葉はじめプリプリピンク軍団。ピンク軍団はかなり盛り上がっていたけど、逆に振りを周りに合わせているっぽい久住はついてゆけない気味で、手拍子メインで見ていた。夜公演では下段にいる亀井がなにか話しかけたりもしていたな。

M15 This is 運命
メロンがサイドステージに登場し、久住はフロントステージ上のバックダンサーのキッズ八人の中に上手後方で参加。衣装が違うだけでそれ以外、見た目完全にキッズにとけ込んでた(苦笑)。曲中盤以降はほとんど全員参加で、大勢がステージ上に現れたけど、気をきかせてもらったのか久住の立ち位置はまったく変わらず。夜公演では久住の右前方に藤本が来たときにアイコンタクトをしていた。振りはワンテンポ早く腕を振り上げてしまったり、逆にワンテンポ振り遅れてしまったり。昼公演ではラストのお辞儀のあと一人だけはやく頭を上げてしまって慌ててまた下げたり、ちょこちょこと目立ってた。そして曲の後退場。

MC
M16 悔し涙ぽろり
M17 印象派 ルノアールのように – エレジーズ
M18 ずっと好きでいいですか – 松浦亜弥
M19 ね~え? – 松浦亜弥
M20 LOVEマシーン
MC

M21 色っぽい じれったい – モーニング娘。
ついにデビュー曲の初披露!…なんだけど歌い出しは既出として、それ以外のソロパートは二言三言くらいだったかな。間奏で、動きの止まっている人の頭に久住&亀井が触れると魔法が解除されたように動き出すような演出も。そんな感じなので全般的にそれほど目立つポジションではないけど、個人的には今の実力相応の割付だと思うのでこれで良かったかなと。あと、この曲に関しては曲調もあるだろうけどほとんど真顔で。

M22 真夏の光線 – モーニング娘。
基本的に道重、亀井と三人で賑やか師的な動き。道重や亀井に頭なでなでしてもらったりしているのが子猫みたいでかわいい。

M23 ハッピーサマーウェディング – モーニング娘。
「ヤイヤイヤ~」のところのポニーテールの髪の動きが印象的。夜公演では移動しきれなくて、道重にポジション教えてもらってたりも。

M24 大阪恋の歌 – モーニング娘。
基本的に以前の亀井ポジション。振りに必死の様子だけど夜公演ではちょっと笑顔が見られたり。両手を左右から上に振り上げる振りはかっこよくキマってた。曲後退場。

M25 Magic of Love

M26 やる気!IT’S EASY
白地に赤ラインの衣装に着替えて、再登場。ステージ下手でダンス。

M27 Go Girl ~恋のヴィクトリー~
下手花道の中間付近で。終盤もここらへんになるとさすがにかなり振りがあやしい箇所もあった

MC
モーニング娘。の他のメンバーと一緒にフロントステージ最上段で。
夜公演ではここで矢口から初日はどうだったかと感想を求められて
いつものように間髪置かず、“大好きな歌をたくさん歌えて楽しかったです!”

28.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL! – H.P.オールスターズ
はじめは6期三人と一緒だったけど、その後一人で中段でダンス。一人と言ってもステージが狭いので周りにはいっぱい他のハロプロメンバーはいるけど。それからフロントステージの上手端付近に移動して最後まで。曲ラストのハイタッチは左右にいた稲葉と飯田と。

退場は昼はそのまま上手花道を通り上手サイドステージで裏へ消えたけど、夜は下手花道から下手サイドステージに来て最後吉澤と二人残って軽くリスペクトされてから退場。なぜ変更されたのかわからないけど、自分の席が夜公演は下手サイドステージ付近だったので、予想外でうれしい変更だった。

live/event 久住小春 :::2005/7/13:::

TRACKBACK URL

http://koharu.sylphlike.com/log/eid46.html/trackback

TRACKBACKS